バイナリーオプションでの正しい検証の仕方と間違った検証の仕方

2017年12月24日

バイナリーオプションで自分の手法を考えた時、あるいはネットで探した手法を試そうとした時、実際のお金をかけて取引する前に検証を行う方が多いのではないでしょうか。

そして、そこで勝率が高ければ採用して、お金をかけてエントリーしていくようになっていくのでしょう。

しかし、この検証という行為はバイナリーオプションで成功するためには非常に重要なものなのですが、多くの方は正しい検証をできていないように感じています。

あるいは全く検証をせずに取引する人もいるぐらいです。

そのような恐ろしいことは絶対にしないでください。

検証は正しくできれば、その手法やその仮説の正しい価値がわかります。しかし、間違った検証を続けていれば、勝てない手法で取引を始めてしまったり、せっかく見つけた優位性を見過ごすことになるかもしれません。

そのため、バイナリーオプションで成功するためには、この「検証」という作業をしっかりとこなす必要があるのです。

 

検証の重要性

まず、検証がなぜそれほど大事なのかという点ですが、新たな手法や仮説、優位性が本物かどうかを見分けるためには必ず過去のチャートを使って確認する必要があるのです。

検証もせずいきなり取引を始めてしまうと、ボリンジャーバンドの逆張りなどのまったく使えない手法を使ってしまことになります。それによって何連敗もして、いきなり資金を大きく減らす可能性があるのです。

ボリンジャーバンドの逆張りがダメな理由と正しい使い方はコチラ
→ バイナリーオプションでボリンジャーバンドの逆張りは禁止!正しい使い方はコレ!

その他オシレーター系インジケーターの正しい使い方はコチラ
→ バイナリーオプションをRSIで攻略する正しい使い方
→ バイナリーオプションでCCIを使って攻略する正しい使い方

しかし逆に検証をしていないことでもったいないことをしている可能性もあるのです。

それは、せっかく勝率の高い手法に出会ったとしても、検証を行わずに使い、「使えない手法」として認定してしまうことです。

例えば、勝率が70%の手法を見つけていたとして、それを検証する前にその手法で10回だけ取引してたまたま5勝5敗の勝率50%になったとします。

検証をしていない場合は、この段階でこの手法の勝率を50%と認識してしまう可能性があるのです。

それによって、せっかく長く続けていれば勝率70%を誇る手法に出会っていたとしても、短期間で使えない物扱いにしてしまっている恐れがあるのです。

そのため、新たに見つけた手法や優位性は必ず検証してから実際の取引で用いるようにしましょう。

 

間違った検証の仕方

先ほどから何度も言うように検証をすることは非常に重要なもので、バイナリーオプションには欠かせないものです。

しかし、間違った検証をしていても、それはただの時間の無駄でしかありません。それではどのようなものが間違った検証なのかを見ていきましょう。

 

ルールを決めていない

まず一つ目はルールを決めていない取引を検証することです。

明確なルールがないものを検証していても、あなたはその検証で何を得たいのかを明確にすることはできません。

例えば、「パーフェクトオーダーになったら、そのどこかでエントリーしていこう」という漠然としたものです。

検証というのはその後の価格の動きをすでに知っている状況から見ることになります。それによって、「今回はここでエントリーしてたら勝てたな」などという自分の都合のいいように解釈してしまう恐れがあるからです。

そのため自分はどのようなルールを作って何を確認したいのかをしっかりと自分自身で認識しておく必要があります。

 

感覚での取引

次は感覚で取引するものを検証してしまうことです。これは先ほどの点と通ずるところもありますが、感覚というものを検証しても自分の都合のいいように見てしまうのです。

今回は手法ではなく優位性を確認したい時を考えてみます。

例えば、水平ラインをどこに引くかという問題を解決しようとするとします。

そのような時によく「みんなが意識するであろうところ」などという曖昧な説明をよく見かけますが、そのようなものを参考にしてはいけません。

水平ラインにも引くところには決まりきったルールを設けることができます。

そのため、「自分はどういった理由で水平ラインをここに引く」というものを感覚ではなく、仮説を立ててから検証しなければなりません。

 

100%を求ている

次は検証の結果に100%を求めてしまうという点です。これは意外と多くの方が陥ってしまっています。

検証の結果に完璧を求めすぎて検証という作業から抜け出すことができないという人のことです。

100%勝てる手法なんてものはありえませんし、100%の確率で値が反転するところにラインを引くことなどできません。

そのため200回〜500回ほど試してみて70%ほどの確率があれば、それは優位性と言っても問題はありません。

こういった方は、まずは投資に完璧を求めすぎないというところから受け入れる必要があります。

 

判定時間を統一しない

4つ目は判定時間を統一しないという点です。

判定時間はエントリーしてから変えることは絶対にできません。そのため前もってその手法がどの判定時間で一番良い結果を残せるんかを知っておく必要があります。

しかし、「今回は判定時間が15分なら勝ってた」や「5分なら勝てた」など判定時間をコロコロ変えてはいけません。

また、検証を行っている最中は手法が勝率が高いことを祈るあまり、自分の都合の良いように判断してしまいがちになります。しかし、そのようなことをやっていても実際の取引で有利になることはありません。

そのため、検証をする際は感情的にならないことも大事になってきます。

また、判定時間に関しては候補になるものを挙げていき、そのすべての時間でどのようになったかを毎回記入しておくと良いでしょう。

そうすることによって、どの判定時間が一番勝率が高くなるかを簡単に判断することができます。

POINT!検証をする際は、いかに感情を抜きにして客観的なデータを取れるかが重要になってきます。
そのため、明確なルールを作っておくことで、本番でも検証と同じような結果を得ることができます!

 

正しい検証の仕方

間違った検証の仕方について説明してきましたが、意外と多くの方がどれかに当てはまったりしたのではないでしょうか。

そのような方はその間違いを認め、受け入れることがまず大事になってきます。

そして、これから正しい検証を行っていきましょう。それでは、どのような検証をするべきなのか見ていきます。

 

インジケーターによる手法

まず検証をしている人の中で一番検証されているものが、このインジケーターによる手法についてではないでしょうか。

「ボリンジャーバンドが〇〇になった時にRSIとCCIが〇〇になっていること」などの手法を検証をしていくことは間違いではありません。

しかし、単純にインジケーターの反応だけを見ていては、どれだけの数のインジケーターを組み合わせようと勝率を高めていくことはできないでしょう。

よくインジケーターを4つも5つも表示している人を見かけますが、そのようなものに意味はありません。

自分がそのインジケーターを使って何を知りたいのかを自分自身が明確に理解しておくことが必要になります。

そうすると、検証している途中に何がダメだったのかを理解できたり、その解決案が閃いたりすることもあるでしょう。

しかし、そのようなことを何も考えずに検証を行っている人はいわゆる「フィルター」と呼ばれるものを、インジケーターで増やしていけば勝率が高くなっていくのではという考えに達してしまいます。

そのような考えは間違っていますし、私自身も身をもってそれを感じてきました。

そのため、自分がそのインジケーターを使っている理由をしっかりと答えられないのであればそのインジケーターは不要なものなので、検証でそれを考慮しても意味はないでしょう。

インジケーターの役割に関してはこちらの記事で触れています
→ 必見!バイナリーオプションで必勝法を作るための3ステップ

 

波の検証

私はインジケーターの手法を検証するのであれば、「どこに波を描けばいいのか」について仮説を立てて検証していくことの方がよっぽど効率がいいと考えています。

波を描くとは、つまりはプライスアクションを理解するというものなのです。

インジケーターとは結局のところプライスアクションを過去の傾向から後追いしているだけに過ぎません。そのため相場の本質はインジケーターにはないのです。

そのため、まずは波を描けるようになることが一番重要になってくるのです。

では、波を描くためにするべき検証とは「高値」「安値」がどこにあるのかを調べることで解決します。こう書くと

  • みんなが意識しているところ
  • 誰もが高値・安値とみなすところ
  • わかりやすいところ

などと曖昧な表現をされていることが非常に多いですが、そのようなもので高値・安値を明確に判断することはできません。

水平ラインにしても、もちろん数を打てばある程度当たるかもしれませんが、そのような理由で水平ラインをチャート上に何本も何本も引くことになるのです。

そのため、まずはどこが高値・安値なのかについて仮説を立てて波を描いていくことが重要になってきます。

波の重要性などの詳細についてはコチラ
→ バイナリーオプションは正確に波を描ければ簡単に攻略できる

POINT!検証する際は、自分がその道具(インジケーターなど)を使って何をしたいのか、何を知りたいのかをはっきりと認識しておく必要があります。
それはできていれば検証の効率は大きく上がります!

 

検証ツール

検証をどのようにしてやっていけばいいのかは理解できましたが、どのようなもので検証すればいいのかわからない方や、もっと効率良く検証したいと思っている方もいるでしょう。

そのような方のために検証の時に使うと便利なツールを紹介していきます。

 

MT4

まずは最低限MT4は使うようにしましょう。

MT4は過去のチャートにも簡単に遡ることができ、インジケーターも豊富に揃っていることから大変便利なツールになっています。

一度MT4を使い慣れてしまうと他のチャートでは取引ができなくなるぐらい使い勝手のいいものです。

MT4についての詳細はコチラ
→ バイナリーオプションでMT4チャートを利用すべき5つのメリット

 

FT3

MT4では検証できる期間が決められていたり、過去のローソク足を動かしながら検証していくことはできません。

しかし、それを可能にしたツールがあるのです。

それがFT3と言われるものです。これは主にFxwしているトレーダーの練習向けに作られたものですが、バイナリーオプションの検証にも重宝されます。

実際に私も自分の手法や優位性の検証の際にはかなりお世話になったものです。

FT3の詳細についてはコチラ
→ バイナリーオプションで検証ソフトを使うならFT3にするべき理由

 

まとめ

間違った検証方法

  • ルールが明確でない
  • 感覚で取引している
  • 100%を求めている
  • 判定時間を決めていない

このような検証方法をしている方は一度自分の検証の仕方を見直して、自分がその検証で何を知りたいのかを明確にしましょう。

また、インジケーターでの検証をする際は一つ一つのインジケーターに意味を持たす必要があります。そこで意味を持たないインジケーターは不要なものなのと判断することができます。