バイナリーオプションでインジケーターのみを使った手法を考えてみた!

2017年12月24日

私はこのサイトの別の記事で散々言っているようにインジケーターのみを使ったエントリーはあまりおすすめしていません。

その理由は、そこに「根拠」がないからです。

そのため、チャートに波を描いてプライスアクションを利用した取引をおすすめしているのですが、それでもインジケーターのみを使った手法を知りたいという方が多くいます。

波を書いて攻略する方法はコチラ
→ バイナリーオプションは正確に波を描ければ簡単に攻略できる

そういったことから、「もし自分がインジケーターのみしか使えないならどうするか」という観点から手法を考えてみました。

今回の手法はこの記事に書いたものをより詳しく、具体的にしたものになります。
必見!バイナリーオプションで必勝法を作るための3ステップ

この手法を考えるにあたって重要にした考えはこれら4つです。これは今回の手法に限らず、すべての手法に共通する点です。

  • トレンドの確認
  • マルチタイムフレーム分析
  • 押し目、戻りの確認
  • エントリーポイントの確認

 

トレンドの確認

まずはトレンドの確認をしていきます。

インジケーターのみでトレンドを確認する場合はトレンド系インジケーターを使うしかありません。ボリンジャーバンドを使うことはあまりおすすめしていないので、今回は移動平均線を使うことにします。

移動平均線を正しく使う方法に関する詳細はコチラ
→ バイナリーオプションを移動平均線で攻略する正しい使い方

ボリンジャーバンドをおすすめしない理由などはコチラの記事
→ バイナリーオプションでボリンジャーバンドの逆張りは禁止!正しい使い方はコレ!

そして、移動平均線の使い方ですが、やはりパーフェクトオーダーが一番信頼性が高いでしょう。

パーフェクトオーダーとは複数の移動平均線が短期 ⇒ 中期 ⇒ 長期の順番に並ぶことを指します。

パーフェクトオーダーに傾きなどを考慮する人もいますが、それでは感覚が入ってきてしまうので、並びが揃っている間は常にパーフェクトオーダーが成立していると考えていきます。

今回の移動平均線の設定ですが、短期が20(赤)、中期が75(黄)、長期が200(青)にしました。これに特に意味はなく、よく使われる設定値を使っているだけです。

そうすると、1時間足を見ると直近に①と②の下降トレンドがパーフェクトオーダーによって確認できました。それ以外にも、さらに直近に上昇トレンドも確認できますが、ここはまだエントリーするポイントがなかったため今回は無視します。

USD/JPY 1時間足

 

マルチタイムフレーム分析

トレンドは確認できたので、次はマルチフレーム分析を行います。

1時間足でトレンドを確認したからといって、エントリーなども1時間足でするのではなく、大きい足でトレンドを確認しておいて小さな足でエントリーしていくという考えです。

そうすることによって、よりトレンドに従ったトレードができるのです。

それでは1時間足より小さな、15分足で①の下降トレンドを見ていくと、このようになります。

次は同様に15分足で②を確認するとこのようになります。

ここから、15分足のパーフェクトオーダーを見て小さなトレンドを確認してから1分足や5分足に下ってエントリーポイントを探しても良いでしょう。

今回はとりあえずこのまま15分足でエントリーポイントを探していきます。

 

マルチタイムフレーム分析をより重視した手法の説明はコチラ
→ バイナリーオプションでよりマルチタイムフレーム分析を意識した手法

 

押し目・戻りの確認

次は押し目・戻りを確認していきます。これはトレンド中にトレンドと逆側に小さく値が動いたところを指します。

今回は2つとも下降トレンドなので戻りを確認していくのですが、この作業がインジケーターを使った手法の中で一番難しいところなのです。

インジケーターでは明確に押し目や戻りを確認することができないい以上、「こうなったら押し目・戻りである」という基準を自分なりに作るしかありません。

今回はそれにRSIを使います。

RSIの設定を7にして80の値でそこが戻りであるという認識をして、そこから逆張りをしていきます。

ただし、ここで逆張りといっても1時間足で見ればトレンドに従っていることになるので長期的な目線では順張りと言えるでしょう。本来、逆張りとはこのように使うものなのです。

それではRSIを表示して①を見ていきます。

では、同様に②も見ていきます。

やはり、2つとも下降トレンドであるためRSIの80になかなか達しませんが、それでも数回達していることがわかります。

 

エントリーポイント

戻りを確認できたので、あとはエントリーしていくのですが、これは逆張りなのでRSIの80に達した時点で「売り」でエントリーしていきます。

見やすいようにズームした画面を表示して、RSIが80に達した時点を矢印で表示しているので、その次の足でエントリーする形になります。

①のエントリーポイントは5ヶ所ありました。

②のエントリーポイントは2つありました。

 

どちらも判定時間を15分とした場合は6勝1敗になりました。

また、エントリーするポイントは矢印の次の足からであることを忘れないでください。

 

まとめ

手法を作る際に重要になること

  • トレンドの確認
  • マルチタイムフレーム分析
  • 押し目・戻りの確認
  • エントリーポイントの確認

今回は手法の考え方を紹介したかったため、エントリーポイントの判断が少しアバウトになっています。そのため、実際に使ってもここまでうまくはいかないでしょう。

しかし、適当に作られた手法と比較するとトレンドを確認してる以上は勝率が酷いことにはならないとは確信しています。

また、今回インジケーターのみで手法を考案してみて、トレンドの確認、押し目・戻りの確認の段階がどうしても難しくなってしまうことも再確認できました。

特に、押し目・戻りの確認を振り返ると、その後の値の動きを見るとそこまで上手くつかめていませんね。

そのため、やはり波を描いた方が確実で正確なトレンドと押し目・戻りを確認できるので、この差が勝率に影響してくるでしょう。

それでも、このような手法であれば作業のように確認していくだけなので、それなりには使える手法かもしれません。

使う場合は検証をしっかりとしてから使うようにしましょう。